このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2012.9.13

コマースリンクの「DFO」、マイクロアドプラスの「Vizury」との連携開始 ~商品データ更新の手間無く「カスタム・リターゲティング」利用可能に~

ECサイトの集客・売上拡大を支援するコマースリンク株式会社(本社:東京都大田区 代表取締役社長:春木博、以下 コマースリンク)とディスプレイ広告サービスを手掛ける株式会社マイクロアドプラス(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:西山明紀、以下 マイクロアドプラス)は、本日2012年9月13日より、データフィードサービス「DFO」とマイクロアドプラスが国内専属販売をおこなう「カスタム・リターゲティング」Vizuryとの連携を開始しました。

「DFO」を導入することでECサイトは、商品データの更新や同期作業をすることなく「カスタム・リターゲティング」Vizuryを利用することができます。

リターゲティング広告は費用対効果が高く、集客拡大のための重要な手段になっています。一方で、リターゲティング広告をはじめ、外部の集客チャネルを利用するためにECサイトは、商品データをチャネル毎にそれぞれ用意し登録する必要があります。加えて、商品の入れ替わりや商品情報の変更の度に商品データを更新する手間があるためメンテナンス作業が困難でした。「DFO」は、外部の集客チャネルを利用するために必要となる商品データの作成及び登録を代行するサービスとして豊富な実績と高い評価を得ています。

データフィードサービス「DFO」は、ECサイトの集客と売上拡大を支援するサービスとして、今後も新しい集客チャネルと連携していくことで、ECサイトのマルチチャネル活用を支援してまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加