このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2012.9.11

2012年、動画広告クリアリングおよび配信プラットフォームが62億米ドルの広告宣伝費を処理

 株式会社グローバル インフォメーションは、ACCUSTREAM RESEARCHが発行した報告書「Video Ad Clearing and Trafficking Platforms: Inventory, Media Spend and Business Channel Analytics: 2012 – 2014 (ビデオ広告のクリアリングおよび配信プラットフォーム:広告スペース・広告費・事業経路分析)」の販売を開始しました。

 同レポートによると、2012年、接続デバイスへの広告宣伝費では、動画広告ネットワーク、提供プラットフォーム、オークション、エクスチェンジ、RTB、DSP、SSPなどが82億米ドルを処理し、うち75.6%(62億米ドル)が動画フォーマットであると予想されています。

 同レポートでは、サービスおよび技術プロバイダには純収益をもたらし、発行元には支払いを与える、サポート形式やクリア・提供されたメディア、全在庫、ファイルレート、CPM、広告が提供するCPMやソーシャルメディアのCPV/CPCVの価格モデルのチャネルごとの経済学についてまとめています。
 
 各市場の位置づけは、月間および年間の在庫(現在および過去、重複インプレッションやトランザクションは除外)や、発行者の関係、CPM、請求モデル、成長の軌跡、形式チャネル(プレロール、バナー内、ソーシャルビデオ、VOD)ごとの支出率、国内外での露出などについて分析されます。

 動画広告ネットワークはクリアされて13億円の支出、トラフィッキングプラットフォームは58億ドル(一次動画)と予想されます。オークションおよびエクスチェンジ(公的・私的とも)は2012年支出の6.7%を生み出す見込みです。

 あわせると、これらの統合収益化プラットフォームは、2012年、グーグルの「DoubleClick」を含めると19億米ドルの純収益となり、うち12米億ドルが動画によるものです。

 市場の拡大は2007年から2012年の複合年間成長率(53.5%)にも表れており、2014年までの複合年間成長率は48.6%と予想されています。

 CPMベースのビジネスモデル(収益の共有と定額広告)が分野収益の60%を占めています。今年のエージェンシーの手数料は4億から7億米ドル以上と予想されます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加