このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2015.7.1

プラットフォーム・ワンの SSP「YIELD ONE® 」、国内 SSP として初めて The Trade Desk との RTB 取引を開始

株式会社プラットフォーム・ワン(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:秋葉典秀、以下 プラットフォーム・ワン)は、自ら提供するサプライサイドプラットフォーム(以下 SSP(※1))『YIELD ONE®』と、The Trade Desk, Inc.(本社:米国カリフォルニアCEO:Jeff Green、以下 The Trade Desk)が運営するデマンドサイドプラットフォーム(以下 DSP(※2))とのインテグレーションを行い、国内SSPとして初めてRTB(リアルタイムビッディング(※3))取引を開始したことをお知らせいたします。

「YIELD ONE®」について
プレミアム媒体を中心に、1,000を超えるPCやスマートデバイスのサイト・アプリに導入いただいております。ディスプレイバナー・動画・リッチ・ネイティブなど数十種類の広告フォーマットを有し、連携している33の国内外の主要DSP/アドネットワークとのオープンオークションや、特定の広告枠を高単価で買い付け優先的に配信を行うプライベートエクスチェンジによる取引等を提供することで、媒体社の広告収益拡大をサポートしております。

The Trade DeskとのRTB取引を開始
YIELD ONE®は、かねてより連携の準備を進めておりましたThe Trade Deskと、国内SSPとして初めてRTB取引を開始いたしました。YIELD ONE®とお取引いただいている媒体社は、The Trade Deskとの RTB 取引を通じて、より多数の広告主に対して広告在庫を提供できるようになり、広告取引機会の増加と販売単価の向上が期待されます。

<The Trade Deskのサービス概要>
The Trade Deskは、米国、ロンドン、ドイツ、シンガポール、オーストラリア、韓国、東京にて、グローバル規模でDSPを提供しています。The Trade Deskの提供するDSPは、精緻かつ効率的な運用を行うことができるBid Factorと呼ばれる特徴のある入札方式と透明性の高いレポートにより、広告主様への最適な戦略提案が可能なDSPです。グローバルの主要な広告会社およびそのグループ会社とパートナーシップを締結し、ディスプレイ、モバイル、動画、ソーシャルメディアにおけるキャンペーン管理を、最先端のアドテクノロジーで支援しています。今後The Trade Deskは、YIELD ONE®との連携によりオープンオークションでのRTB取引を拡大していくと同時に、YIELD ONE®とお取引されている媒体社とのプライベートエクスチェンジについても、積極的に取り組んでいく予定です。

(※1) SSP とは、Supply Side Platform の略で、媒体社の広告在庫販売を容易にする機能やアドエクスチェンジ機能を提供するプラットフォーム。SSP はDSP に対して、最低入札価格などの条件を提示します。

(※2) DSP とは、Demand Side Platform の略で、広告主・広告会社が、広告在庫の買い付け、広告配信、掲載面・オーディエンスのターゲティングなどを一括して行えるプラットフォーム。複数の SSP と RTB に接続することで、広告主の求める在庫を必要なときに必要な分だけ確保できます。

(※3) RTB(Real Time Bidding、リアルタイムビッディング)とは、媒体(売り手)側のシステムが、広告の1表示毎に、広告の買い手である広告会社のシステムに対してリアルタイムにオークションを行うシステムであり、最高額の入札単価を提示した買い手が競り落とし、かつ自動的に広告を掲出することを可能とする仕組みです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加