このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2015.7.30

ユナイテッド、マレーシアに子会社を設立し、SSP『AdStir(アドステア)』が東南アジアに進出

〜東南アジアの現地メディアへ『AdStir』導入を推進〜

 ユナイテッド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長CEO:早川与規、証券コード:2497、以下ユナイテッド)は、2015年8月(予定)にマレーシアに子会社を設立し、SSP(※1)『AdStir』が東南アジアに進出することとなりましたのでお知らせいたします。

 東南アジアにおけるスマートフォン広告の市場規模は、2015年の280億円から、2018年には1,231億円と、今後3年で約4.4倍の高い成長が見込まれています(2015年7月 CyberZ/シード・プランニング共同調べ)。

 『AdStir』は、月間300億を超えるインプレッションを持ち、スマートフォン広告市場で国内最大規模のサプライサイドプラットフォームとなっています。

 既存の東南アジアの広告在庫に加え、この度、マレーシアに子会社を設立することによって、東南アジア全域の現地メディアに対して直接『AdStir』の導入を推進し、新規の在庫獲得を積極的に進めます。

 これにより、東南アジアのスマートフォン広告市場の高い成長を見据え、在庫拡大によってDSP(※2)やアドネットワークへの供給量を増やし、将来的な『AdStir』の規模拡大を図ります。

 今後『AdStir』は、国内のみならず東南アジアのスマートフォン広告市場においても、さらなる成長を目指してまいります。

(※1) SSP(Supply Side Platform, Sell Side Platform)とは
複数の広告案件を一元管理し、配信を最適化(イールドオプティマイズ機能など)する事で収益の最大化を狙う、サプライサイド(媒体側)の広告管理プラットフォームのこと。

(※2) DSP(Demand Side Platform)とは
設定した配信ロジックに従って、最適なユーザーへ広告を配信し広告効果の最大化を狙う、デマンドサイド(広告主側)の広告管理プラットフォームのこと。

■『AdStir』とは
ユナイテッドが2011年9月に提供を開始したSSPで、アドネットワーク広告収益を最大化しつつ(イールド オプティマイズ機能)、RTB(※4)広告の競争入札を利用する事で更なる広告収益を得る事ができるメディア向けの広告マネタイズプラットフォームです。2014年9月にはアドインプレッションも月間300億を超え、サプライサイドにおいて国内スマートフォン市場で最大規模のプラットフォームとなっています。
RTB広告については、他社に先駆けてオープン化を行い、2012年4月に接続を開始した当社DSPサービス『Bypass』を始め、国内外22ものDSPから入札を受けることが可能となっており、今後もオープンプラットフォームとして、国内外のDSPとの接続に積極的に取り組みます。
また、配信比率自動最適化や在庫切れ検知機能など、収益最大化の為の機能を提供する他、インタースティシャル広告やネイティブ広告、動画広告など多彩なアドフォーマットに対応し、マルチマネタイズプラットフォームとして大きく成長を続けています。
また、システム的な機能だけではなく、広告枠の設計や表示広告の選定など、コンサルタントによるメディアトレーディングデスク機能としての役割も広げており、今後も総合的な広告プラットフォームとして、強化と発展を継続し、最新アドテクノロジーによる広告ソリューションを提供してまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加