このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2012.9.27

サイバーエージェント、機械学習によるコンテンツと検索順位結果の関係の研究を開始

インターネット広告のサイバーエージェントは、機械学習によるウェブサイトコンテンツと検索順位結果との関係に関する研究を京都大学と始める、と9月26日発表した。
同社の検索エンジン最適化(SEO)のノウハウと、京大が保有する人間と同様の学習機能をコンピュータで実現する機械学習での分析技術を合わせ、SEOサービスの向上を目指す。

研究は、京大でコンピュータビジョンやパターン認識を研究している飯山将晃准教授と行う。
サイバーエージェントが検索エンジンについてのデータを提供して、機械学習の手法を使った検索エンジンの分析技術を開発する。
共同研究の成果は同社のSEOサービスに実装し、全体最適化やリスク管理による検索結果の効果を高める。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加