このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2015.12.3

Appier、CEO チハン・ユーが来日し「アジア・イノベーション・フォーラム」にて AI の未来について語る

AI(人工知能)テクノロジー企業の Appier(エイピア、以下 Appier、本社:台湾)の最高経営責任者(CEO)兼共同創業者のチハン・ユーは、12 月 2 日(水)東京・虎ノ門ヒルズにて開催された国際会議「アジア・イノベーション・フォーラム」に登壇。アクセンチュア株式会社 加治慶光氏をモデレーターに、元ソニーグループ CEO 出井伸之氏、同じく人工知能データ分析を活用する株式会社メタップスCEO 佐藤航陽氏など日本の AI(人工知能)技術のスペシャリスト達と共に「テクノロジー最新トレンドから見る向こう 10 年」についてパネルディスカッションを行いました。

pFneSSsKvc5beBN2EtJ3KHMhXtpU18JctGulzGU6_sc,qrBb-HoQn9ECgcUMGDCWd9jxLvDu10M3XhX2tfv-HFg

AI の先駆者チハン・ユーが語る、Appier の AI ビジネスについて

Appier の CEO であり、世界的な AI の科学者として紹介されたチハン・ユーは、Appier の強みはデバイス・コネクティビティであると言います。
「ここ最近、消費者はスマートフォン、タブレット、PC、さらにはスマートウォッチなど様々なスクリーンに囲まれていて生活しています。通勤時はスマートフォン、オフィスではパソコン、旅先ではタブレットとシーンによってデバイスを使い分けているのです。クロスデバイスの時代、複雑化するユーザ動向を把握するには AI がもっとも適していると言えます。Appier の AI は、多様化するデバイスをつなげることで、例えば、通勤時にはファストフードやカフェのディスカウントクーポン、旅行中には旅先で使えるクーポンなど、ユーザにとってベストなタイミングで、欲しい情報を提供することができるのです」
「ユーザがどういう人なのかは実際に会うことはできませんが、各デバイスの利用パターンを確認することで、ユーザの関心ごとをより明確にすることができます。いつ、どのデバイスで、どのような広告に接し、最終的にはどのような行動を取ったのか。これはクロスデバイス・ジャーニーと言いますが、クロスデバイスのユーザ動向を把握することでビヘイビアを分析できるのです」

Appier はクロスデバイス・ジャーニーをサポートする AI を使ったクロススクリーニング・テクノロジーを独自に開発。この技術がマーケティングの未来を変えると予測します。
「今まではオーディエンスをおおまかに推測していましたが、AI が入ることでオーディエンスを精密に予測することができます。そして予測した結果に対し的確な情報を、さりげなく提供できるのが Appier の AI の特徴です。AI が加わることで、データ抽出などの複雑な作業を単純にしてくれたり、どのデバイスでアプローチすればいいのか導き出してくれたり、意思決定をサポートしてくれたりと、AI は人と機械の新しいインタフェースへと進化するのです」

チハン・ユーが描く AI の未来とは?
今後、ますますの活躍が期待できる AI。チハン・ユーは、AI はより専門性が増してくると言います。
「私が子どもの頃想像していたロボットは、なんでもできるマルチな存在でしたが、今はルンバやドローンなど、ある一つの能力に特化されたロボットが活躍しています。それは AI の世界でも言えることで、例えばビジネスの意思決定の現場など、より専門的な分野に使われていくでしょう。今は AI による意思決定はごくわずかですが、今後はますます AI が意思決定に大きく関わってくると思います。その分、人はプランニングやクリエイティブなど、AI にはできないハイレベルな次元に注力していくことになると思います」
そして、AI と人間との関係を、このように描きます。
「AI は人を脅かす存在になるという人もいるが、私はそうは思いません。どちらかというと、楽観視しています。というのも AI が存在することで、会話でパソコンが操作できるなどお年寄りが気軽にテクノロジーと接する機会を増やすからです」
AI は、今抱えている問題を解決するツールになると言うチハン・ユー。これからの AI 時代に対して、「AI は課題を与え、実行するという部分ではその能力を発揮しますが、人間のように自ら行動を起こしたり、感情や想像力などは持っていません。AI は何が達成できて、何ができないのかを把握した上で、AI を活用すべきだと考えます」と語りました。

日本とアジアの関係、そして AI が世界に与える影響は?
先日、Appier はシリーズ B ラウンドで 2,300 万ドル(約 27 億円)の出資を受けたことについて、今後のビジネス展開を聞かれたチハン・ユーは、「Appier は、元々スタートアップの会社です。マーケティングで注目されてきましたが、核となる強みはやはりデバイス・コネクティビティです。この分野をさらに強化し、プラットフォームとして広げていきたいと考えています。日本ではディストリビューションや流通で展開していきたいと考えていますが、市場についてもっと勉強する必要がありますし、日本をはじめいろんな国の革新的な企業や大学、研究者たちと連携していきたいと思っています」とビジョンを語りました。

また、日本とアジアとの関係、そしてこれからの世界については、「日本はデジタルイノベーションのリーダーで、アジアの(イノベーションの)フロンティアであると思います。アジアは広く、地域によってビヘイビアが異なりますが、日本の企業の多くが、アジアでローカルイノベーションに挑戦しようとしています。この 10 年、日本のAI の進化は目覚ましいものがありますし、10 年後、20 年後は今よりも AI が活発に使われるようになるでしょう。日本の AI の躍進のひとつに、ソフトの開発に力を入れたことが挙げられます。多くの国がハードに力を入れていたため、今後の AI 分野では、ソフトウェアを作れる優秀な人材のニーズが非常に高まると思っています」と期待を込めて語りました。

Appier の最高経営責任者(CEO)兼共同創業者 チハン・ユー、プロフィール
Appier 創業者で CEO のチハン・ユーは人工知能研究の分野においてハーバード大学とスタンフォード大学の研究室に在籍した経歴を持ち、彼の博士論文は同分
野の最優秀論文賞に選ばれました。また、Google が発表したことでも話題を呼んだロボットカーの基となる自動運転車をスタンフォード大学の研究チームとともに開発しました。Appier 創設以前はソーシャルゲーム開発会社を運営していた経験も持っています。

日本における実績について
日本においては、家電メーカー、自動車メーカー、銀行、保険、ゲーム会社など 100 社以上の企業にAppier のサービスをご利用いただいています。


当サイトは有志で運営されています。継続的な運営のため、気に入りましたらご支援お願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加