このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2016.1.26

ゲームロフト、「Open Direct 1.0」に対応し予約型広告プログラマティック広告取引を開始

ゲームロフト社の広告ソリューション事業は、プログラマティック広告取引を強化するため、「OpenDirect 1.0」プロトコールを導入したことを発表しました。
この新しいアプリケーションプログラミングインターフェース(API)は在庫の買い付けと販売のためにデザインされており、広告主様はより効率的に値段設定と出稿を行うことが可能となります。IAB(Interactive Advertising Bureau)に対応している「OpenDirect 1.0」機能を導入することで、より安全な取引環境を構築します。

「OpenDirect 1.0」機能を導入することにより、広告主が一元的にキャンペーンを購入することが可能になります。また、ゲームロフトが自社ゲームを配信している 100 カ国以上の地域で広告を配信することができます。現在プログラマティック広告取引はビジネスにとって必要不可欠であり、当社の在庫取引を透明な環境で自動化した上で広告主様に提供することが重要だと考えています。」

「ゲームロフト広告ソリューション」の詳細はこちらをご参照ください。

http://www.gameloft.com/advertising-solutions/index_jp.php

ゲームロフト広告ソリューション事業について
月々1 億 7300 万以上のユーザーへの露出、そして 100 億以上のインプレッションインベントリー。ゲームロフト広告ソリューション事業は、ユーザーとの深いコミュニケーションを広告主に提供します。ゲームロフト広告ソリューション事業はこれまで 40 カ国以上の国(アメリカ、中東、アフリカ、ヨーロッパ、アジア)において、Air France, Coca-Cola®, Ford, FOXTM, Kellogg’s®, McDonalds, ©Netflix, Procter & Gamble, SAMSUNG や Unilever といったブランドのキャンペーンを 700 以上実施してきました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加