• 2014/01/23

2014年1月下旬 RTB関連トピック まとめ その1

賛否両論「ネイティブ広告」って何? それは記事か、広告か http://thepage.jp/detail/20140120-00000002-wordleaf 用心深くネイティブ広告導入、NYタイムズも禁断の果実に触手を http://blogos.com/article/77618/ 「アドテクvs.広告マン」の仁義なき戦い http://toyokeizai.net/articles/-/28026?page=2 スマホ活用、動画、バイラルなど最新広告手法の意識調査 http://ascii.jp/elem/000/000/857/857793/ Facebook、「Sponsored … Continue Reading →


  • 2014/01/23

アップベイダー株式会社、ビデオ広告による認知特化型スマートフォンアプリ向けアドネットワーク「AppVador」をサービス開始

アップベイダー株式会社(本社: 東京都港区、代表取締役: 佐野 宏英、以下弊社)は2014年1月20日、ビデオ広告による認知特化型スマートフォンアプリ向けアドネットワーク「AppVador」のサービス提供を開始いたしました。  「AppVador」とは、急速に増加しているスマートフォンを持つ生活者と、広告主様が目指すブランド・商品およびサービスの広告認知・ブランド認知のコミュニケーションの円滑化を、ビデオ広告を用いて実現する広告インフラストラクチャーとなるアドネットワークです。 ビデオ広告による認知特化型スマートフォンアプリ向けアドネットワーク「AppVador」の特徴  「AppVador」 … Continue Reading →


  • 2014/01/22

モデューロの「AudienceOne®」と「i-Effect®」がLPO(ランディングページ最適化)機能でも連携を開始

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢嶋弘毅、以下 DAC)の連結子会社である、株式会社モデューロ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:重原洋祐)は、DMP「AudienceOne®」と、DACが提供する次世代型広告配信プラットフォーム「i-Effect®」と既にシステム連携を実現しておりますが、新たにLPO(ランディングページ最適化)機能でも連携を開始致します。 ◆AudienceOne®とi-Effect®の連携について  「AudienceOne®」は広告配信結果、ソーシャルメディア、提携企業の3rdPartyデータなどを収集/解析し、 … Continue Reading →



  • 2014/01/22

ミクシィマーケティング、DSP事業「Vantage」などをアイスタイルに譲渡へ

アイスタイル発表文より: 株式会社ミクシィマーケティング(以下「ミクシィマーケティング」といいます)の事業の一部譲受に関して同社と基本合意契約書を締結いたしましたので下記のとおりお知らせいたします。 なお、当該事業につきましては、当社及びこの度新設する子会社において展開してまいります。 記 1.事業譲受の理由 当社グループは、アジア最大のビューティプラットフォームを構築すべく事業を展開しておりますが、この度、ミクシィマーケティングの広告プラットフォーム、並びに当該事業に関連する高い技術力・ノウハウを有した人材を譲受け、マーケティングサービスを強化することと致しました。 今後は、WEB テクノロ … Continue Reading →


  • 2014/01/21

PubMatic 社とソネット・メディア・ネットワークスが業務提携 世界 3大 SSP『PubMatic』を日本市場で独占提供

ソネット・メディア・ネットワークス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長: 地引 剛史)は、この度、PubMatic社(本社:米国カリフォルニア、CEO:Rajeev Goel)が運営するSSP (※1)『PubMatic』の日本国内での独占提供に関して基本合意に至りました。 『PubMatic』は、世界6ヵ国で提供されている SSP です。広告媒体社 が所有する広告枠の収益最大化を目的とした各種機能をはじめ、今後日本市場でも拡大が見込まれる「プライベートマーケットプレイス機能」を搭載され、一元管理できることが特徴です。『PubMatic』が提供する SSP を通じて世界合計、約 1,0 … Continue Reading →


  • 2014/01/21

SSP「Fluct」、オンライン広告プラットフォーム事業社の米Turn社と提携

株式会社adingo(東京都渋谷区、代表取締役:古谷 和幸)は、SSP(※1)「Fluct」( http://fluct.jp/ )において、RTB(※2)を活用した広告配信を拡大し、メディアの収益最大化支援をより強化するため、2014年1月21日、米国、ヨーロッパにおいて最大規模のシェアを誇るDSP(※3)「Campaign Suite」を提供するTurn社(本社:米国、CEO:Bill Demas)と提携いたしました。これにより「Fluct」と提携するメディアは、広告1表示(1インプレッション)ごとに、より最適化された広告配信が可能となるため、さらなる広告収益の拡大を図ることができるように … Continue Reading →


  • 2014/01/20

KPIソリューションズ、東京大学/IGPIと人工知能技術を活用した RTB広告取引プラットフォームの共同研究開発を開始!!

KPIソリューションズ(代表取締役 石田 徹郎)は、東京大学 松尾研究室および経営共創基盤(代表取締役CEO 冨山 和彦、以下 IGPI)と共同で、人工知能技術を活用したRTB広告取引プラットフォームの研究開発を開始する。 今回共同研究を行う松尾 豊准教授は人工知能研究における世界的第一人者であり、IGPIは名実ともに日本を代表するコンサルティングファームである。 本取り組みは、KPIソリューションズが保有する「ニューラル・マッチング*1」等の数々の特許技術と、松尾研究チームの最先端人工知能技術を活かし、新たな広告取引プラットフォームの構築に向けた研究を目的としており、さらに将来的には同技術ス … Continue Reading →


  • 2014/01/17

2014年1月中旬 RTB関連トピック まとめ

米Yahoo!が広告分野について徹底的に見直しを開始か http://adage.com/article/digital/yahoo-advertising-overhaul-spans-ad-exchange-tumblr/290957/ 米ヤフーCOOが辞任 広告不振で引責か http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM16016_W4A110C1EB2000/ ExchangeWireが予測する、2014年、アドテク業界で起こるべきで多分起こらないこと【後編】 http://www.exchangewire.jp/2014/01/16/editorial-Continue Reading →



  • 2014/01/16

プラットフォーム・ワンのDSP「MarketOne®」でマイクロソフトのMSN等への広告配信が可能に

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢嶋弘毅、以下 DAC)の連結子会社、株式会社プラットフォーム・ワン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:徳久昭彦、以下 P1)は、P1が提供するデマンドサイドプラットフォーム(以下DSP)(※1)「MarketOne®」と、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長:樋口泰行、以下日本マイクロソフト)が提供する「Microsoft Advertising Exchange」とのRTB(※2)取引を開始いたしましたことをお知らせいたします。 ◆サービス内容  「Microsoft Adve … Continue Reading →


  • 2014/01/15

モデューロの「AudienceOne®」とシナジーマーケティングの「Synergy!360」が連携を開始

「Synergy!360」内のCRMデータと「AudienceOne®」の持つ 3rdPartyデータを統合してセグメント化、広告配信やCRMに活用  デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢嶋弘毅、以下 DAC)の連結子会社である、株式会社モデューロ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:重原洋祐)は、DMP「AudienceOne®」とシナジーマーケティング株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:谷井等)が提供するマーケティングナビゲーター「Synergy!360」とのシステム連携を開始致しました。 ◆AudienceOne®とSyne … Continue Reading →


  • 2014/01/14

英国の有名誌The Guardian、Adap.tvと共同で広告のプライベートマーケットプレイスを開始

Adap.tv, a division of AOL Networks, has signed an agreement to provide a video ad private marketplace for Guardian News & Media (GNM). This will allow the publisher to further monetise video content across global markets and increase its advertising revenue from this source. Through its privat … Continue Reading →