Showing results for: Doubleclick

Google、広告ブランドを「Google」に統一・刷新 ー「AdWords」と「DoubleClick」の名称を廃止ー

Googleは、これまで「AdWords」と「DoubleClick」といった広告商品ごとのブランド名称を利用していましたが、それらをすべて廃止し「Google」を冠したものに統一し、広告ブランドを刷新することを発表しました。

電通デジタル、Google Cloud Platform サービスパートナー認定を取得

広告からクラウドまでGoogle ソリューションをワンストップで提供可能に

Supershipの「Ad Generation」、「DoubleClick Ad Exchange」のエクスチェンジパートナーとして連携を開始

Supership株式会社(以下、Supership)は、媒体社向け広告配信プラットフォーム「Ad Generation(アドジェネ)」において、「DoubleClick Ad Exchange」のExchange Bidding(エクスチェンジ入札)を行うエクスチェンジパートナーとして連携を開始しました。

Google、DoubleClick Bid Managerでプロググラマティックオーディオ広告の取扱開始

Googleは、同社のDSPであるDoubleClick Bid Managerでプロググラマティック取引によるオーディオ広告の取扱を開始することを発表しました。

Google、米国時間7月10日より広告/マーケティングの最新ツールをライブ配信で発表

Googleは、GoogleやDoubleClickの最新の広告、アナリティクス、プラットフォームについて米国時間7月10日午前9時よりライブストリーミング「Google Marketing Live」で発表を行います。

ソネット・メディア・ネットワークスの「Logicad」、伸長著しいネイティブ広告の配信を強化

ソネット・メディア・ネットワークス株式会社は、この度、DSP(*1)「Logicad」のネイティブ広告(*2)強化を目的に、新たに下記SSP(*3)との接続を開始し、スマートデバイス向け広告在庫の拡充を図ります。

Appier、Googleの広告プラットフォームとのデータ連携を開始

Appierの「アイソン」とGoogle「DoubleClick Bid Manager」「DoubleClick for Publishers」「DoubleClick Campaign Manager」で効率的な広告・キャンペーンを実現 AI(人工知能)テクノロジー企業のAppier(エイピア、以下Appier、本社:台湾、共同創業者/CEO:チハン・ユー)は、AI技術を搭載したオーディエンスプラットフォームであるアイソン(Aixon)とGoogleが提供する「DoubleClick Bid Manager」、「DoubleClick for Publishers」、「DoubleClic … Continue Reading →

GMOアドマーケティング、オウンドメディアやタイアップ記事などのコンテンツ集客に特化した「ReeMo byGMO」を提供開始

 GMOインターネットグループでアドテクノロジー事業、メディアセールス事業を展開するGMOアドマーケティング株式会社(代表取締役社長:渡部謙太郎 以下、GMOアドマーケティング)は、オウンドメディアやタイアップ記事などのコンテンツ集客(※1)に特化した広告配信プラットフォーム「ReeMo byGMO(以下、ReeMo)」(URL:http://reemo.me/)を自社開発し、本日2018年2月7日(水)より提供開始いたしました。

プレイドのKARTE、Google アナリティクスとデータの相互連携を開始

株式会社プレイドは、同社が提供する「KARTE(カルテ)」において、Google が提供する「Google アナリティクス」とのデータ連携を開始しました。 両サービスを導入する企業やブランドは本データ連携により、Google アナリティクスで解析したデータをKARTEに反映することが可能となります※。同時に、KARTE上で取得しているコンバージョン(成約)データや好みの条件でセグメントした特定のユーザーに対し、Google アナリティクスを経由して Google の広告プラットフォームから施策を配信することが可能になり、サービス間の相互連携を実現しました。

Google DoubleClick、β版にて4つのアウトストリーム型動画フォーマットを提供開始

GoogleのDoubleClickは、IAB Tech Labと緊密に強力し4つのアウトストリーム型動画フォーマットをβ版として提供を開始しました。