• 2019/07/29

電通グループ3社、日本初「物販系ECプラットフォーム広告費」を推計

株式会社D2C、株式会社サイバー・コミュニケーションズ、株式会社電通のグループ3社は、「日本の広告費」関連市場の把握の一環として、わが国で初となる「物販系ECプラットフォーム広告費」※1の推計を共同で実施しました。


  • 2019/07/26

電通デジタルとアドビ、 「消費者のデジタル体験に関するインサイトリサーチ」の結果を発表 ―参照されても構わない個人情報にも変化―

株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木 禎久、以下、電通デジタル)とアドビシステムズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ジェームズ マクリディ、以下、アドビ)は、日本の消費者1,000人を対象にデジタル体験の好みや企業への期待について調査を実施しました。調査レポートより、主な調査結果を発表します。


  • 2019/07/24

電通デジタル、 「Adobe Experience Cloud」と「Microsoft Azure」の 連携ソリューションを提供開始

株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木 禎久、以下、電通デジタル)は、アドビ システムズ 株式会社(以下、アドビ)が提供するデジタルエクスペリエンスソリューション「Adobe Experience Cloud※1」と、日本マイクロソフト株式会社(以下、マイクロソフト)が提供する「Microsoft Azure※2」を連携させ、AIを活用した最適顧客セグメントの抽出と最適シナリオの予測・実行を自動化するソリューションを開発し、本日より提供を開始します。 近年、高度化するマーケティング施策を実行するため、膨大化する顧客データの分析や、セグメントに応じたシナリオ設計の複雑化、ク … Continue Reading →



  • 2019/06/28

電通デジタルと電通、ツインプラネットと共同で インフルエンサー・マーケティング・ツール 「7Fluencer Marketing™」を提供開始

株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木 禎久、以下電通デジタル)と株式会社電通は、株式会社ツインプラネットと共同で、7つのペルソナにクラスタリングした影響力及び発信力のあるナノインフルエンサー※1へのターゲティング配信が可能なツール「7Fluencer Marketing™(セブンフルエンサー・マーケティング)」を開発し、本日より提供を開始します。



  • 2019/06/13

電通デジタル、デジタル広告の最適な表示回数の上限を算出するフレームワークを開発

株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木禎久、以下、電通デジタル)は、デジタル広告の最適な表示回数(フリークエンシー)の上限を導き出すフレームワークを開発し、本日より提供を開始します。これにより、広告配信対象となるセグメント・広告予算・配信期間に応じて、最適な広告上限表示回数の設計を実現します。


  • 2019/05/09

電通・CARTA HOLDINGS・電通デジタル、radikoやSpotifyなどプレミアムな音声コンテンツを提供する媒体を対象にした音声広告配信サービス「Premium Audio広告」の提供を開始

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)、株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、社長:鈴木 禎久)、株式会社CARTA HOLDINGS(本社:東京都渋谷区、会長:宇佐美 進典 社長:新澤 明男、以下CARTA HD)の電通グループ3社は、インターネット広告の新たな取り組みとして、音声コンテンツを提供するプレミアムな媒体のみを対象にした音声広告配信サービス「Premium Audio広告」(以下「本サービス」)の提供を開始します。


  • 2019/04/23

電通、MERY社と資本業務提携 -U25向けマーケティング活動を強化-

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)は、女性向けのメディア事業を展開する株式会社MERY(本社:東京都千代田区、代表取締役:大西 豊、以下「MERY(メリー)社」)が実施する第三者割当増資を引き受け、本日付で同社と資本業務提携契約を締結しました※1。本提携を通じて当社は、電通デジタルとの共同でU25向けのマーケティング活動とメディア事業の強化を図っていきます。



  • 2019/03/20

電通と電通デジタル、デジタル広告の統合マーケティングダッシュボード「EASI™ Monitoring」を機能拡充し本格提供へ

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)と株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、社長:鈴木 禎久)は、デジタル広告の配信実績データや成果レポートをオンライン上で統合・可視化する統合マーケティングダッシュボード「EASI™ Monitoring (イージー・モニタリング)※1」の機能を拡充し、3/20より本格提供を開始します。


  • 2019/03/19

電通、AIを活用しソーシャルメディア向けの広告クリエーティブの効果を配信前に予測するツール「MONALISA」を開発

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)、株式会社電通デジタル、株式会社サイバー・コミュニケーションズ、データアーティスト株式会社の電通グループ4社は、ソーシャルメディア向けの広告クリエーティブの効果を配信前に予測するツール「MONALISA(モナリザ)」を開発、本日よりその運用を開始します。


  • 2019/03/01

電通デジタル、気象・Twitter情報からタイムリーなムーブメントを 広告へ反映可能な「Multi Impact Switcher™」を開発・提供

株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木 禎久、以下電通デジタル)は、気象情報とTwitterのツイート情報を常時観測し、タイムリーな社会的ムーブメントを捉えてデジタル広告へ反映することができるシステム「Multi Impact Switcher™ (マルチインパクトスイッチャー)※1」を開発し、本日より提供を開始します。 これまでのデジタル広告出稿の手法では、ユーザーのデモグラフィック・興味関心などプラットフォーム内のビックデータに基づく配信最適化は可能でしたが、プラットフォーム外の情報については、人力で長期的な予測や仮説を立てることに限界がありました。そのため、毎日毎時 … Continue Reading →