• 2018/06/12

Appier、広告ビューアビリティとブランドセーフティ計測ツールMOATおよびGrapeshotと連携

AI(人工知能)テクノロジー企業のAppier(エイピア、以下Appier、本社:台湾、共同創業者/CEO:チハン・ユー)は、このたびビューアビリティ計測ツールであるMOATならびにブランドセーフティ機能を提供するGrapeshotとAPI連携をしたと発表しました。これにより、広告主は、Appierのプラットフォームを通じてこれらのツールを利用することが可能になります。Appierは偏りのない検証を実現するために公平性の高いこれらの第三者ベンダーのツールを採用しました。


  • 2018/06/04

Appier、CrossXプログラマティック・プラットフォームを強化

AI(人工知能)テクノロジー企業のAppier(エイピア、以下Appier、本社:台湾、共同創業者/CEO:チハン・ユー)は、このたび、同社のCrossXプログラマティック・プラットフォームで提供している「CrossX ターゲティング」の機能を強化しました。


  • 2018/04/26

Appier、2017年日本版インターネット消費者動向調査を発表

・マルチデバイスユーザーの過半数が3台以上のデバイスを保有 ・AIを活用し、複数のデバイスを横断して実施するマーケティングキャンペーンでは、単一デバイスと比較してコンバージョンが平均315%増加 ・日本の消費者は広告に反応するまでの時間は短いが、コンバージョンを行うまでに時間がかかる



  • 2018/04/11

Appier、LINEとアイソンの連携により精度の高いLINEフォロワーのインサイト生成をAIで可能に

AI(人工知能)テクノロジー企業のAppier(エイピア、以下Appier、本社:台湾、共同創業者/CEO:チハン・ユー)は、本日、AI搭載のデータインテリジェンスプラットフォーム「アイソン」がアジア最大のメッセージングプラットフォームの一つであるLINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)の「LINE ビジネスコネクト」(LINEアカウントの各種機能を企業向けにAPIで提供し、活用できる法人向けサービス)との連携を完了したと発表しました。この連携により、LINE ビジネスコネクトを使用する企業は、AIで分析した自社のフォロワーに関するインサイトを入手することができ、フォロ … Continue Reading →


  • 2018/03/22

トレジャーデータ、カスタマーデータプラットフォーム「TREASURE CDP」がAppier社の「AIXON」と連携開始

〜ユーザーが、シームレスにCDP内の顧客データを利用でき、アイソンプラットフォーム上でAI搭載のオーディエンス予測・分類・分析機能を活用することが可能に〜


  • 2018/03/08

Appier、「アイソン」の新機能を発表 

予測したオーディエンスのセグメント、ターゲットオーディエンスのオンライン上の行動予測を可能に


  • 2018/02/08

Appier、Googleの広告プラットフォームとのデータ連携を開始

Appierの「アイソン」とGoogle「DoubleClick Bid Manager」「DoubleClick for Publishers」「DoubleClick Campaign Manager」で効率的な広告・キャンペーンを実現 AI(人工知能)テクノロジー企業のAppier(エイピア、以下Appier、本社:台湾、共同創業者/CEO:チハン・ユー)は、AI技術を搭載したオーディエンスプラットフォームであるアイソン(Aixon)とGoogleが提供する「DoubleClick Bid Manager」、「DoubleClick for Publishers」、「DoubleClic … Continue Reading →


  • 2018/01/17

Appier、英語版/繁体字版「Renta!」向け広告施策にAppierのCrossXプログラマティックプラットフォームを導入

AI(人工知能)テクノロジー企業のAppier(エイピア、以下Appier、本社:台湾、共同創業者/CEO:チハン・ユー)は、株式会社パピレス(本社:東京都千代田区、代表取締役:松井康子、以下パピレス)が展開する英語版、繁体字版の電子書籍サービス(Renta!)向けの広告施策に、CrossXプログラマティックプラットフォームを導入しました。



  • 2017/11/22

AppierのCrossX、グリーアドバタイジングが導入

AI(人工知能)テクノロジー企業のAppier(エイピア、本社:台湾、共同創業者/CEO:チハン・ユー、以下Appier)は、AppierのAIを活用したCrossX プログラマティックプラットフォームを、グリーアドバタイジング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:柴田直人、以下グリーアドバタイジング)が、人気のスマートフォン向けゲームアプリ『SINoALICE(シノアリス)』の優良顧客数の拡大を目的に導入したと発表しました。


  • 2017/11/09

Appier、Yahoo! JAPANの広告取引プラットフォーム「Yahoo!アドエクスチェンジ」との接続を開始

AI(人工知能)テクノロジー企業のAppier(エイピア、本社:台湾、共同創業者/CEO:チハン・ユー、以下Appier)は、ヤフー株式会社が2017年5月に発表した新たな広告取引プラットフォーム「Yahoo!アドエクスチェンジ」と、AppierのDSP「CrossX プログラマティックプラットフォーム」との接続を開始したと発表しました。これにより、Appierのデマンドサイドプラットフォーム(DSP)を利用する広告主や媒体社は、Yahoo!アドパートナーに参画する媒体社ネットワークの優良広告在庫買付けが可能になり、また質の高いオーディエンスの獲得が期待できるようになります。


  • 2017/11/08

Appier、経営陣強化を目指しCBO(最高事業責任者)と企業向けAIの専任開発部長が就任

AI(人工知能)テクノロジー企業のAppier(エイピア、本社:台湾、共同創業者/CEO:チハン・ユー、以下Appier)は、AIを活用した企業向けソリューション事業を加速するため、CBO(チーフ・ビジネス・オフィサー、最高事業責任者)と企業向けAIの専任開発部長を採用したと発表しました。