• 2019/04/23

電通、MERY社と資本業務提携 -U25向けマーケティング活動を強化-

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)は、女性向けのメディア事業を展開する株式会社MERY(本社:東京都千代田区、代表取締役:大西 豊、以下「MERY(メリー)社」)が実施する第三者割当増資を引き受け、本日付で同社と資本業務提携契約を締結しました※1。本提携を通じて当社は、電通デジタルとの共同でU25向けのマーケティング活動とメディア事業の強化を図っていきます。


  • 2019/04/08

エンターモーション、電通と業務提携

株式会社エンターモーション(本社:東京都港区、代表取締役社長:竹村 義輝、以下「当社」)は、株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博、以下「電通」)との業務提携を通し、当社が展開する小売流通・外食企業向けの店舗集客を実現するアプリCRMプラットフォームサービス「Insight Core(インサイトコア)」を活用した各種ソリューションの提供を開始致します。


  • 2019/03/20

電通と電通デジタル、デジタル広告の統合マーケティングダッシュボード「EASI™ Monitoring」を機能拡充し本格提供へ

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)と株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、社長:鈴木 禎久)は、デジタル広告の配信実績データや成果レポートをオンライン上で統合・可視化する統合マーケティングダッシュボード「EASI™ Monitoring (イージー・モニタリング)※1」の機能を拡充し、3/20より本格提供を開始します。



  • 2019/03/20

電通、ベトナムのデジタルクリエーティブエージェンシー「レダー社」買収

株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博、資本金:746億981万円)は、海外本社「電通イージス・ネットワーク」※を通じて、ベトナムの独立系デジタルクリエーティブエージェンシー「Redder Advertising Co. Ltd」(本社:ホーチミン・シティ、CEO:Vo Thanh Hung、以下「レダー社」)の全株式を取得することにつき、同社株主と合意しました。


  • 2019/03/19

電通、AIを活用しソーシャルメディア向けの広告クリエーティブの効果を配信前に予測するツール「MONALISA」を開発

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)、株式会社電通デジタル、株式会社サイバー・コミュニケーションズ、データアーティスト株式会社の電通グループ4社は、ソーシャルメディア向けの広告クリエーティブの効果を配信前に予測するツール「MONALISA(モナリザ)」を開発、本日よりその運用を開始します。


  • 2019/03/15

D2C/CCI/電通、共同でインターネット広告媒体費の詳細分析を実施

電通グループ3社(D2C/CCI/電通)は、電通が2019年2月に発表した「2018年 日本の広告費」の調査結果のうち、インターネット広告媒体費の内訳を、広告種別、取引手法別、デバイス別などの切り口で分析し、さらに2019年の予測を加えた「2018年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」(以下、本調査)を発表しました。


  • 2019/03/05

サイバーエージェント、 「AbemaTV」において電通および博報堂DYメディアパートナーズが運営するプレミアム動画広告の配信を開始

株式会社AbemaTVが運営する無料で楽しめるインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、電通グループ3社が提供する運用型プレミアムインストリーム動画広告サービスである「Premium Viewインストリーム動画広告」と、博報堂DYメディアパートナーズグループ4社が提供する運用型プレミアムインストリーム動画広告サービスである「Brand View Instream Ad」の、両広告配信サービスと接続し、2019年3月中にそれぞれのサービスを介した広告配信を開始します。


  • 2019/02/28

電通、2018年の日本の広告費を発表 ーインターネット広告費は1兆7,589億円にー

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)は本日、わが国の総広告費と、媒体別・業種別広告費を推定した「2018年(平成30年)日本の広告費」を発表した。 2018年(1~12月)の日本の総広告費は、戦後最長といわれる景気拡大に伴い、6兆5,300億円、前年比102.2%となり、7年連続でプラス成長となった。なお、2018年の名目国内総生産(GDP)に対する総広告費の比率は1.19%である。



  • 2019/02/21

ナビタイムジャパンのカーナビアプリ、電通との共同開発による 音声案内ターゲティングO2Oサービス「おしゃべりガイド」を提供開始

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、株式会社電通と共同で、カーナビアプリ『NAVITIMEドライブサポーター』において、電通の自然対話サービス『Kiku-Hana(キクハナ)』を活用した、音声案内ターゲティングO2Oサービス「おしゃべりガイド」を、2019年2月20日(水)より提供いたします。本機能はiOS向けに先行対応し、Android OS向けにも同月中に提供開始予定です。


  • 2019/02/21

電通、シンガポールのデジタルマーケティング会社を買収

株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博、資本金:746億981万円)は、海外本社「電通イージス・ネットワーク」※を通じて、シンガポールのデジタルマーケティング会社「Happy Marketer Pte. Ltd.」(本社:シンガポール、Founder and CEO:Rachit Dayal、以下「ハッピーマーケター社」)の全株式を取得することにつき同社株主と合意しました。


  • 2019/02/20

電通、英「BJL社」を買収 〜英国におけるクリエーティブ関連サービスを強化〜

株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博、資本金:746億981万円)は、海外本社「電通イージス・ネットワーク」※を通じて、英国の大手クリエーティブエージェンシー「BJL Group Limited」(本社:マンチェスター市、CEO:Nicky Unsworth、以下「BJL社」)の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意しました。