• 2017/11/15

Feedmatic、FacebookとInstagramのダイナミック広告を活用して越境マーケティングを支援

株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)は、ダイナミック広告配信・最適化サービス「Feedmatic」において、Facebookダイナミック広告及びInstagramダイナミック広告を活用した越境マーケティング対応を開始したことをお知らせいたします。


  • 2017/11/15

Facebook、複数国へのオーディエンスターゲティング解放などアップデートを公開

Facebookは11月14日(米国時間)、あらゆる国と地域のビジネスがグローバル展開する上で役立つ、機能とツールのアップデートを発表いたしました。


  • 2017/11/07

Facebook、2017年第3四半期(7月-9月)業績ハイライトを発表 ー広告は前年同期比49%増ー

Facebookは、米国時間2017年11月1日、2017年第3四半期(7月-9月)業績ハイライトを発表しました。



  • 2017/10/30

personalize me、Facebook広告と連携

Facebook上でお客様一人ひとりに合わせた動画配信が可能に


  • 2017/10/16

オプト、Facebookメッセンジャーを利用した ニュース配信Bot管理ツール「Chatwith」をリリース

産経ニュース、集英社 UOMO、東洋経済オンライン等へ導入


  • 2017/09/25

サイバーエージェントの「iXamDrive」、Facebook広告の「Dynamic Creative」機能において新たに動画フォーマット及びカルーセルフォーマットに対応

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は、インフィード広告に特化した当社独自の広告運用プラットフォーム「iXamDrive(イグザムドライブ)」がFacebook広告の「Dynamic Creative」機能において、新たに動画フォーマット及びカルーセルフォーマットに対応いたしました。


  • 2017/09/25

Facebook、実店舗ユーザーに向けてターゲティングできる広告サービスを発表

Facebookは、実店舗を訪れるなど現実世界での行動に基づいて広告主がFacebookユーザーをターゲティングできる機能の強化を発表しました。 同社は、昨年からオフライン計測に関するツールの提供を開始していましたが、今回はそれらをさらに強化する形となります。


  • 2017/09/20

Facebook、ビューアビリティやブランドセーフティーに関する取り組みを発表

Facebookは、 同プラットフォームを利用した収益化に関する規定を改定し、パートナーとして認められるパブリッシャーやクリエイターの種類、および収益化が認められるコンテンツの種類についての基準をより明確にしました。これらの基準は、インストリーム広告やインスタント記事など、広告がコンテンツに交じって表示される場合に適用されます。



  • 2017/09/05

ONPAJAPANの動画情報サイト「ムープレ」、広告配信で得たマーケティングデータの公表を開始

株式会社ONPAJAPAN(東京都渋谷区 代表取締役:恩地祐亜)が展開する動画プレスリリース・動画マーケティング情報サイト「ムープレ」は、サービスを展開する過程で得た結果の中から、動画制作やマーケティングに役立つ統計・調査データを公表しており、この度、Web動画「ブラックジンジャーのチカラ」の発信で得たFacebook広告に関するデータを9月4日に発表致しました。


  • 2017/08/21

シャトルロックジャパン、動画制作&UGC活用ができるクリエイティブ生成プラットフォーム「Shuttlerock」がFacebook/Instagram公式マーケティングパートナーに認定

シャトルロックジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:金光展意、以下、シャトルロックジャパン)は、SNS広告向け動画制作やUGC活用ができるクリエイティブ生成プラットフォームである「Shuttlerock」がFacebook社(本社:米国カリフォルニア州、CEO:Mark Zuckerberg、以下 Facebook社)の公式マーケティングパートナープログラム「Facebook Marketing Partners」および「Instagram Partner Program」で同時に公式パートナーとして認定されましたので、お知らせいたします。


  • 2017/08/18

Facebook、インストリーム広告でFacebook配置とAudience Network配置が選択可能に

モバイルで動画というと、かつては比較的短いものを出先で見る程度でしたが、最近では比較的長い動画もモバイルで見る人が増えています。Facebookではそうした長尺動画についても、消費者が視聴を楽しみ、コンテンツを提供するパブリッシャーやクリエイターが収益を得られるようなエコシステムの構築に取り組んでいます。先週には、新しい動画コンテンツの発見や視聴を促進するプラットフォームWatchを公開しました。人々が長尺動画を見る場が増えたということは、広告主にとってはインストリーム広告でリーチする機会が増えることでもあります。