• 2019/05/14

マイクロアド、データを活用して交通広告の新しい価値を生み出すための実証実験を実施

株式会社東急エージェンシー(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:澁谷 尚幸)、ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮内 謙)、シナラシステムズジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 兼 CEO:細谷 正人)、株式会社マイクロアドデジタルサイネージ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:穴原 誠一郎)および株式会社Legoliss(本社:東京都渋谷区、代表取締役:酒井 克明)は、交通広告の新しい価値を生み出すために、Wi-Fiアクセスポイントなどのデータを活用する実証実験を2019年5月下旬から実施します。


  • 2019/04/04

マイクロアド・クロスボーダー・マーケティング、 上海日欣文化伝媒有限公司と業務提携し日本企業向けに中国上海のテレビ番組を活用したプロモーションプラットフォームを提供

株式会社マイクロアド(本社:東京都渋谷区、代表取締役:渡辺 健太郎)の子会社である株式会社マイクロアド・クロスボーダー・マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役:中山 洋章)は、上海日欣文化伝媒有限公司(本社:上海 総経理:吕辰晔)と業務提携し、日本企業向けに中国上海のテレビ番組を活用したプロモーションが可能なプラットフォームを提供いたします。


  • 2019/01/24

マイクロアド、データ爆発時代に対応した 新広告プラットフォーム「UNIVERSE Ads」β版をリリース

株式会社マイクロアド(本社:東京都渋谷区、代表取締役:渡辺健太郎)は、データ爆発時代に対応した新広告プラットフォーム「UNIVERSE Ads」のβ版の提供を開始いたします。



  • 2019/01/10

マイクロアド、コスメ・美容業界に特化したマーケティングデータプラットフォーム「Vesta」をリリース

株式会社マイクロアド(本社:東京都渋谷区、代表取締役:渡辺健太郎)は、コスメ・美容業界に特化したマーケティングデータプラットフォーム「Vesta(ヴェスタ)」の提供を開始いたしました。


  • 2018/11/28

マイクロアド、食品・飲料業界向けに、実購買データを連携したデータプラットフォーム「Pantry」の提供を開始

株式会社マイクロアド(本社:東京都渋谷区、代表取締役:渡辺健太郎)は、食品・飲料業界向けに、実購買データを連携したデータプラットフォーム「Pantry(パントリー)」の提供を開始いたしました。


  • 2018/11/19

ADK、マイクロアドチャイナと合弁会社設立で基本合意

株式会社アサツー ディ・ケイ(本社:東京都港区、代表取締役社長:植野伸一、以下「当社」)は、微告(上海)広告有限公司(所在地:中国上海、董事長:森 勇気、以下、「マイクロアドチャイナ」)と、近年ますますニーズの高まりを見せる海外市場に向けたデジタル広告配信体制の強化を図るため、共同出資による合弁会社(以下、「本合弁会社」)を設立することで基本合意に至りましたので、下記のとおりお知らせいたします。


  • 2018/11/08

マイクロアド、アドフラウド対策研究機関として「アドベリラボ」を設立

株式会社マイクロアド(本社:東京都渋谷区、代表取締役:渡辺健太郎)は、アドフラウドにおける、新たな手法や対策の研究機関として「アドベリラボ」を設立いたします。


  • 2018/10/25

マイクロアド、自動車業界に特化したマーケティングデータプラットフォーム 「Ignition」の提供を開始

株式会社マイクロアド(本社:東京都渋谷区、代表取締役:渡辺健太郎)は、自動車業界向けに「UNIVERSE」から切り出したマーケティングデータプラットフォーム「Ignition(イグニッション)」の提供を開始いたしました。



  • 2018/10/19

マイクロアドの「MicroAd COMPASS」、 アドベリフィケーション企業のモメンタム社と協働し新型のアドフラウド「飛ばし裏広告」の不正検知の取り組みを開始

株式会社マイクロアド(本社:東京都渋谷区、代表取締役:渡辺健太郎)は、SSPサービス「MicroAd COMPASS」において、モメンタム社が提供するアドフラウド対策ソリューション「BlackHeron」(*1) を導入し、「飛ばし裏広告」と類型されるアドフラウドの検知を開始いたします。


  • 2018/10/12

マイクロアド、SSPサービス「MicroAd COMPASS」において、 アドフラウド対策としてドメインスプーフィング攻撃の自動検知と広告停止機能を搭載

株式会社マイクロアド(本社:東京都渋谷区、代表取締役:渡辺健太郎)は、SSPサービス「MicroAd COMPASS」において、広告取引の健全性・安全性を強化するため、アドフラウド対策の一環として、ドメインスプーフィング攻撃のリアルタイム検知と広告配信停止機能を搭載いたしました。


  • 2018/10/04

マイクロアド、「BrandSAFE list」の提供を開始しブランドセーフティーへの取り組みを強化

株式会社マイクロアド(本社:東京都渋谷区、代表取締役:渡辺健太郎)は、DSPサービス「MicroAd BLADE」において、広告取引の健全性・安全性を強化するため、ブランドセーフティーへの取り組みとして新たに「BrandSAFE list」の提供を開始いたします。これにより、広告主はブランド毀損に配慮した広告配信を行うことが可能になります。