• 2017/04/11

博報堂DYメディアパートナーズとヤフー、テレビとインターネットの次世代型メディアプラニングツール「Handy Media Planner」を提供開始

株式会社Handy Marketing(以下、Handy Marketing)、株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(以下、博報堂DYメディアパートナーズ)、ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、メディア横断の統合マーケティングの支援を目的として、テレビとインターネットの次世代型メディアプラニングツール「Handy Media Planner」を提供することに合意しました。


  • 2017/04/10

オプト、「Yahoo!マーケティングソリューション パートナープログラム」にてデータコンサルティングパートナーおよびコンテンツマーケティングパートナーに同時認定

株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:金澤 大輔、以下オプト)は、ヤフー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮坂学、以下Yahoo! JAPAN)が定める「Yahoo!マーケティングソリューション パートナープログラム」(※1)の2017年上半期において、特別認定パートナーである「データコンサルティングパートナー(※2)」ならびに「コンテンツマーケティングパートナー(※3)」として認定されました。また、「Yahoo!マーケティングソリューション プラチナパートナー」としても認定されました。


  • 2017/04/04

ヤフー、正規代理店制度を刷新し「Yahoo!マーケティングソリューション パートナープログラム」を開始

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、広告事業における正規代理店制度を刷新し、2017年4月より「Yahoo!マーケティングソリューション パートナープログラム」を開始しました。


  • 2017/03/28

NTTデータ、Yahoo!知恵袋の質問・回答データの独占的な販売契約を発表

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、ヤフー株式会社とYahoo!知恵袋データに関する独占的な販売パートナーシップ契約を締結することで3月24日に合意しました。これにより、NTTデータはヤフー株式会社が提供するAPIを通じて、Yahoo!知恵袋の全質問・回答データを取得し、独占的に販売を代行することが可能となります。 今後、NTTデータではYahoo!知恵袋データを抽出および分析可能なプラットフォームを開発し、リアルタイムデータや分析データの提供を順次開始します。また、今回の契約締結により、Twitter等の他のソーシャルメディアと組み合わせることで、消費者インサイトや故障情報などのよ … Continue Reading →


  • 2017/03/16

ヤフー、YDNで動画広告を提供開始

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の動画広告を正規代理店を対象に提供開始したことを発表しました。スマートフォン向け「Yahoo! JAPAN」アプリトップのタイムラインから掲載を開始し、順次配信面を拡大していく予定です。



  • 2017/02/17

ヤフー、スポンサードサーチにアドカスタマイザーの提供を開始

アドカスタマイザーとは、あらかじめ登録した文字列や数値などのデータを、広告のタイトルや説明文に自動的に挿入できる機能です。主なメリットは以下のとおりです。


  • 2017/01/17

Yahoo! JAPAN、Yahoo!プロモーション広告の運用効率化支援制度 「Preferred Partner Program」を開始

広告主・広告会社とツール開発企業をマッチング、 テクニカルアドバイザーによる導入サポートも提供


  • 2016/12/12

ブレインパッド、ヤフーとの合弁会社解散と業務提携を発表

株式会社 Qubital データサイエンス(以下 QDS)は、平成 26 年 1 月 21 日付「ヤフー株式会社との提携による合弁会社設立に関するお知らせ(開示事項の経過報告)」にて公表のとおり、専門のデータサイエンティストにより、広告主のデータと Yahoo! JAPAN のデータを最大限活用するためのデータ分析およびコンサルティングサービスを提供することを目的に、平成 26 年 1 月に設立いたしました。


  • 2016/11/22

ヤフー、NPOなどの活動を伝える記事広告を制作しYahoo!ニュースなどで訴求する取り組みを開始

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、“理解が広がっていない社会課題”や“その解決に取り組むNPO等の団体の活動”を、「Yahoo!ニュース」の信頼性を基盤にしたブランディング記事広告「Yahoo!ニュース スポンサードコンテンツ」で制作し、最適なユーザーに記事を届けるソリューション「Yahoo!コンテンツディスカバリー」を活用してユーザーに訴求する、社会課題解決のための取り組みを開始しました。