• 2018/01/17

Google、YouTubeの広告プログラムの参加基準を厳格化

Googleは、昨年の様々なYouTubeを巡る広告収入受取りも含めた課題に解決するため、YouTubeの広告プログラムに関して3つの重要な変更を発表しました。


  • 2017/09/26

Google、YouTube広告において新たなターゲティングや計測方法を発表

Googleは、ユーザーはテレビを観ながらソーシャルメディアなどをモバイルで触っている一方で、YouTubeを視聴している際は、テレビや他のオンライン動画よりもYouTubeの動画に注目しているという背景があるという前置きをした上で、Youtube広告において新たなターゲティングや計測方法を追加したことを発表しました。


  • 2017/07/11

サイバーエージェント傘下のMOZZ TOKYO、YouTube向け6秒動画広告「Bumper」に特化した動画制作パッケージ「6′s」を提供開始

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社である株式会社MOZZ TOKYO(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大岩 裕和)は、YouTube向け6秒動画広告「Bumper(バンパー広告)」に特化した動画制作パッケージ「6′s(シックス)」の提供を開始いたします。



  • 2017/03/21

DoubleClick、Youtube広告のフォーマットの追加とレポートを強化

GoogleのDoubleClickは、Youtube広告のフォーマットの追加とレポート機能の強化を発表しました。


  • 2017/02/22

Google、YouTubeの第三者による視認性レポートのMRC認定を発表

Googleは、広告測定の業界団体でメディア格付け協議会であるMRC(The Media Rating Council)による認定を、同社が提供するYouTube広告のサードパーティーによる視認性レポートにおいても受けたことを発表しました。


  • 2017/01/23

Google、YouTube広告のクロススクリーン対応を強化 ー検索履歴とYouTube広告の連動等ー

Googleは、YouTubeのモバイルでのビューが50%を超えていることなどを背景に、YouTube広告のクロススクリーン対応を強化することを発表しました。


  • 2016/10/06

Google、モバイルファースト対応に向けてAdWords Editorをアップデート

Googleは、モバイルファースト対応に向けて、また近づくホリデーシーズンを前にAdWords Editorの最新バージョン(11.6)を発表した。主なアップデート内容は、Universal app campaigns(UAC)への対応や、Gamil広告への対応などである。


  • 2016/09/26

DACとCCCマーケティング、YouTube動画広告配信サービスを開始

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長COO:島田雅也、東証JASDAQ 証券コード:4281、以下 DAC)と、データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:武田宣、以下 CCCMK)は、YouTube動画広告のターゲティング配信サービスを開始いたします。



  • 2016/09/21

Google、YouTubeの人気動画広告ランキング「Japan YouTube Ads Leaderboard 2016年上半期」を発表

Google ではこれまで、YouTube で人気の動画広告を選出する YouTube Ads Leaderboard を、日本においては「話題になった動画広告」として、2013 年は年間、2014 年以降は半年ごとに発表していた。2016 年からは日本の名称を Japan YouTube Ads Leaderboard と改め、半期ごとに発表することになった。(参考:2013 年 年間、2014 年 上半期、2014 年 下半期、2015 年 上半期、2015 年 下半期)


  • 2016/09/15

Google、アプリ広告とYoutube広告でモバイルファースト時代に最適な新機能を追加

Googleは、ドイツで行われたデジタルメディアカンファレンスDMEXCOで、GoogleAdWordsのアップグレードを二つ発表した。