このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2015.1.9

サイバーエージェント、スマートフォンゲームアプリに特化したダイナミックリターゲティング広告 「Dynalyst for Games」の提供を開始

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は、アドテクノロジー分野におけるサービスの開発を行うアドテクスタジオにて、スマートフォンゲームアプリに特化したダイナミックリターゲティング広告「Dynalyst for Games(ダイナリストフォーゲームス)」の提供を開始いたしました。

昨今、拡大を続けるスマートフォンゲーム市場において、2014年の国内市場規模は6,584億円に到達し、今後も高い水準で成長すると予測されています(※1)。スマートフォンゲーム提供企業のアプリダウンロードを目的とした広告施策が進む一方で、ユーザーのアプリ利用を活性化するための広告施策は十分に整備されていない状況となっています。

このたび提供を開始する「Dynalyst for Games」は、スマートフォンゲームアプリに特化したダイナミックリターゲティング広告です。広告主企業が保有する自社ゲームアプリのユーザー行動情報と連携し分析を行い、ユーザーのゲームアプリの利用状況に応じて、一人一人に最適化されたバナー広告をリアルタイムに配信することが可能となり(※2)、広告主企業のスマートフォンゲームアプリを利用するユーザーのアプリ利用頻度、ゲーム内のアクション回数などの向上に貢献いたします。

【「Dynalyst for Games」の 3 つの特徴 】

1. ユーザーセグメントをリアルタイムに分析・生成
広告主企業が保有する、自社ゲームアプリのユーザー行動情報を連携しリアルタイムに分析し、ユーザーセグメントを自動生成します。
2. ユーザーごとにパーソナライズドされたバナー広告を配信
スマートフォンゲームアプリの利用状況に応じて、ユーザー一人一人に適した情報のバナー広告を配信し、ユーザーのアプリ利用やゲーム内のアクションを促進します。
3. Web 面・アプリ面を合わせた、幅広い広告在庫に対してターゲティング配信が可能
専用 SDK を導入いただくことで、アプリ面だけでなく Web 面にも配信ができ、広告主企業が提供するスマートフォンゲームアプリの利用ユーザーに幅広くリーチすることが可能です。(※2)。

アドテクスタジオがこれまで培ってきたターゲティング技術や国内最大規模の配信在庫を組み合わせ、今後はスマートフォンゲームアプリに特化したサービスの開発・拡充も積極的に行ってまいります。

■「Dynalyst for Games」 配信概要図
1

■「Dynalyst for Games」クリエイティブイメージ
2

※1 出典:株式会社 CyberZ 「スマートフォンゲーム市場調査」(2014 年 3 月 25 日)
※2 「Dynalyst for Games」によって分析・管理された情報は、導入広告主企業独自の情報として管理し、自社広告配信にのみ活用いたします。また、ここで利用する情報は個人を特定する情報ではありませんが、個人情報と同等に適切に取り扱います。
※3 静的リターゲティング広告とは、あらかじめ設定された内容・表現を維持した状態にて配信するリターゲティング広告です。
※4 2014 年 12 月末に実施したテスト配信の結果となります。

■アドテクスタジオとは
サイバーエージェントグループのアドテクノロジー分野における各サービスの開発を行うエンジニアの横断組織。ダイナミックリターゲティング広告「Dynalyst」、スマートフォンに特化した成果報酬課金型 DSP「Smalgo」、プライベート DMP「RightSegment」をはじめ、既存プロダクトの「AMoAd」や「CA リワード」「CAMP」といったアドテクノロジーを開発。

■会社概要
社名 株式会社サイバーエージェント
所在地 東京都渋谷区道玄坂一丁目 12 番 1 号 渋谷マークシティウエスト
設立 1998 年 3 月 18 日
資本金 7,203 百万円 (2014 年 9 月末現在)
代表者 代表取締役社長 藤田晋
事業内容 Ameba 事業、インターネット広告事業、ゲーム事業、メディアその他事業、投資育成事業


  • このエントリーをはてなブックマークに追加